ホーム > クレジットカード現金化 > クレジットカード現金化の罠

クレジットカード現金化の罠

クレジットーカード現金化とは、自身のクレジットカードを使って何か商品を購入し、それを買い取ってもらい実質的にショッピング枠を現金化することです。
法律的には違法行為ではありませんが、クレジットカード会社の利用規約に違反する行為です。
最近では、悪質な運営をするクレジットカード現金化業者が増えてきています。
驚くべきことに堂々とインターネットで顧客を得ようとしている業者さえいます。
まず業者は、金券や新幹線の回数券などの換金率が非常にいいものを利用者に購入させ、そしてその代金の約75~90%を利用者にキャッシュバックします。
または、業者から指定された商品をカードで購入し、その後業者が所定の還元率に見合った金額でその商品を買い戻す方法があります。アクセサリーやブランド品などの高額な商品を買わせて、それを何割かで買い戻すのです。
クレジットカード現金化はネットで業者に依頼すると、簡単に完結してしまう非常に利用しやすいものです。
しかしショッピング枠を現金化することは、重い金利負担が残り結果的には利用者の債務を増やしていること、またカード会社に目をつけられカードの利用を停止される可能性もあります。
おいしい話をエサに法外な手数料を取って儲けている悪質な業者が世の中にはいるのです。
急にお金が必要になったりだとかお金に困っている状態の人間は、こんな簡単にお金が手に入るなんてと思い簡単に手を出してしまうかもしれませんが、絶対に利用しないことをおすすめします。

http://www.kankin.link/