ホーム > 背中ニキビ > 背中ニキビで気を付けたい事

背中ニキビで気を付けたい事

背中ニキビは自分ではよく見る事が出来ませんが、出来ている事に気づいてしまうと気になって仕方がありません。

特に夏は背中ニキビが増えやすく、露出も多くなるため要注意です。

夏は汗をたくさんかき毛穴に雑菌が繁殖しやすくなるので、こまめにシャワーを浴びたり着替えをして清潔を保つ事や、汗が気になるからと言って制汗スプレーなどを背中にかけ過ぎない様にする事が大事です。

制汗剤が毛穴に詰まってニキビが出来やすくなるからです。

おススメなのは、洗い上がりの肌をサラサラに保つ「パウダー配合」などと書かれているボディーソープを使用する事です。

ある程度肌をサラサラに保てるので、制汗スプレーの使用を減らす事ができるのです。

また季節に関係なく他に気を付ける点は、ニキビを爪などでガリガリ掻かない事、脂分の多い食事に気を付ける事、石鹸やボディーソープで体を洗った後はシャワーで泡を良く洗い流す事です。

ニキビを爪などで傷つけてしまうと治りが遅くなったり、跡が残ってしまうので触るのは我慢しましょう。

なかなか治らない背中のニキビなび